自宅でできるストレッチ…胸

【自宅でできるストレッチ…胸】
『押す』ことにかけては酷使されている「胸」の筋肉。
痛めると咳、クシャミでも痛みが出る…日ごろからケアしましょう!

ストレッチ方法


胸の付け根、広背筋。
ここを伸ばして方をリラックス。※図-1

広背筋のストレッチ。膝に床につき、片方の腕を前方に伸ばし、そのまま上体を腕にあずけていく。脇で床を押すような感じ。
天を仰いで深呼吸。
胸を突き出すように…。※図-2

足を肩幅に開いて立ち、両手を腰の後ろに組んで、肩甲骨を合わせるように腕を持ち上げながら胸を張る。顎を上げると大胸筋の伸張が縦に横にしっかりと感じられる。
マッサージはストレッチと併せて。※図-3

胸の筋肉痛は、重いものを押したり、ぶら下がったりすると起こり、長引きやすい。鎖骨の少し下あたりから乳首の手前までを親指全体と手の土手を使って揉むようにして押す。
まるでプロレスの関節技?。※図-4

パートナーは受け手の背後で両腕をつかみ、そのまま斜め上にゆっくり持ち上げながら引っ張る。受け手はしっかりパートナーにカラダを預けること。受け手の背中が曲がらないように膝を軽く当てる。